<< 鬼道さん好きです | main | 初夢 >>

スポンサーサイト

2012.12.10 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • -

インセプション見た

2010.09.06 Monday | by はつか
ディカプリオ主演の映画インセプション見てきた。
感覚に訴えかけてくる映画で
「難しそう、頭使いそうな作品」という印象とは別に
とにかく感情が高まってきて、盛り上がる映画だった。

以下ネタバレ含むので注意。
(あとあんまり真面目じゃないです)
 
■コブがアーサーとまだ組んでいることを知った仲間が
あいつには想像力が欠けている、と笑うが
コブはアーサーは一流の仕事をすると諫めていた。
アーサーの神経質そうな雰囲気は確かに真面目そうで気が弱そうで、
「想像力」という面で見ると、何となくいささか頼りないのかもしれないというのが
画から伝わってきていた。
ロバートを誘拐した後の銃撃戦でも
アーサーがひとりずつ敵を撃とうとするのに対して
仲間が「ここは夢なんだぜ?」とバズーカ(?)をどかーんと撃ち放つ
豪快なわざを見せ付ける。

アーサーは残念なキャラという設定なのか…と思っていると、違うのだ。
アーサーは一流なのだ!
2層目の夢の中で「無重力でのキック」という
不可能に思える作戦を、エレベーターを使うことで見事にやり遂げたのだ。

ここは夢の中だ、と知らされたロバートの世界がバランスを崩して
そこに出てくる一般市民(の影)が異物であるアーサーとアリアドネに
注目しはじめたとき、アーサーが機転を利かせる。
アーサー「ぼくにキスして」
(キスする二人)
アリアドネ「…まだ見てるわ」
アーサー「キスしたからさ」

ここ!! ここすき!! ここ!!
アーサーかっこいい!! すてき!! 最高!!

この2階層目の夢の世界でのアーサー無双はすごい。
ホテルの部屋から3階層目の夢へ入る際には
ロバートの「心を守る武装」により現れる敵を抑え込む役目をするために
アーサーは3層目には入らないで2層目の夢を守るのだ。
心配する仲間に対して彼はこういう。
「遊んでやるさ!」と!
スーツのジャケットを脱いでワイシャツにベストの姿になるアーサー。
かっこいい……。すでにオーラが違う……。
彼はもはやただの想像力に欠ける男などではない。
一流の仕事をする男なのだ。

1階層目の夢で車が橋から落ちたために着水するまで無重力状態になる。
無重力の中で夢を見ているので2階層目の世界も無重力になる。
無重力での肉弾戦…まじかっこいいです。
ただの曲がり角が断崖絶壁になってしまうあのシーン。
最高にドキドキできました。

エレベーターに仲間を配置し、キックの瞬間を待つアーサー…。
エレベーターの手すりにしっかりとつかまり身をかがめるアーサー…。
何でだろう。そんな1シーンに、知性があふれてしまうアーサーなんでだろう。

■ロバートのインセプション。
父との確執。そしてその和解。
金庫を開けるとそこは病室で、父がいて、
何か言おうとする。
「失望したのですよね」と落胆している息子に、父はこう言う。
「違う。マネしかしないお前に失望したのだ。」と。
そしてロバートに遺言書の入っている金庫を開けさせる。
そこには遺言書が入っていた。が、もう一度目をやると、
子供の頃の思い出の風車に変わっている。
(追記:遺言書が入っている段の下に風車が入っていたのでした)
感動的な和解。
でもこれは全部ロバートの夢、深層心理。
美しいシーンだっただけに
全ての許しや、和解は本当はただの自分が望んだ夢なんじゃないのか
という空恐ろしい想像に繋がる。

■モルと離別するコブ。
夢の中で会える妻のモルは本物ではない、だからもう、いいんだ、と言うコブ。
コブは子供たちのいる、現実の家に帰るのだ。

ハッピーエンドだと思ったら…どうだ…?
夢では回り続けてしまうというコマが、
ラストシーンでは止まるか止まらないか微妙なところで
エンドロールに入ってしまう。
これは、現実なのか、それとも、まだ、望んだ夢の世界の中なのか?

そういえば、再会した子供たちの服は、
コブが夢で見る子供たちの服と全く同じだったような気がする。
もしかしたらただの夢の続きなのかもしれない…。
あとを引く映画結末。
でも私は、あそこは現実だったと信じたい。

■エンドロール。
ここもえぐいんだあ。
目が覚める前の合図として流す音楽(エディットピアフの「水に流して」)が
一番最後に流れる。
さあそろそろ夢は終わりだよ、みんな目覚めな、というメッセージなのか、
それとも映画のラストはまだ夢の中なんだという事なのか。

スポンサーサイト

2012.12.10 Monday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment